【手関節捻挫】小学生 バスケットボールで負傷

【手関節捻挫】

バスケットボールにて手をついた時に負傷。
腫れ、運動痛を認め、橈骨下端部に圧痛は著名。骨折も疑い超音波診断装置にて確認。異常なし。


問診にて、負傷後も数分間プレーをしていたために症状が強く出ていると判断して固定。
連休に入る前でしたので、確実に固定して早期復帰を目指すことにしました。

固定のためのプライトン。

手のひら側に当てて、

包帯で巻き込んで固定しました。

二回目の来院で、骨折を疑わせる症状はなくなり経過は良好でした(^-^)

試合が続いていましたが、プレーも普通にできたそうです!

家にいる短い時間でも、患部の安静、固定をすることは早期の復帰には効果的と考えてます。

面倒がらずにちゃんと固定してくれた小学生。怪我に対してとても意識が高いですよね!


一覧ページに戻る