症例紹介

  • 超音波画像観察装置でみる⑤第5中足骨骨折

    2021年07月10日

    超音波画像観察装置でみる⑤第5中足骨骨折

    今回の施術で使用した

    【超音波治療器LIPUSについて】

    当院では、骨折・靭帯損傷などに照射しています。

    超音波治療器とは、患部を立体的に温め、

    ミクロマッサージ効果で症状を和らげます。

  • 超音波画像診断装置でみる④母指の脱臼

    2021年06月21日

    超音波画像診断装置でみる④母指の脱臼

    脱臼で整骨院に訪れる方はまれですが

    肘内障(子供が肘が抜けた~という時)や

    緊急を要する脱臼の整復は何度か経験があります。

    緊急の場合は柔道整復師の整復が認められています。

    (その後は医

  • 超音波画像観察装置でみる③ 手掌のしこり

    2021年05月13日

    超音波画像観察装置でみる③ 手掌のしこり

    手はよく使うため、少しでも違和感があると気になりますね。

    今回は、手のひらのしこりの症例をご紹介します。

     

    ●40代女性

    薬指の付け根の手のひら側にしこりと圧痛があるため来院

  • 超音波観察画像装置でみる② ふくらはぎ(アキレス腱・腓腹筋・ヒラメ筋)

    2021年03月15日

    超音波観察画像装置でみる② ふくらはぎ(アキレス腱・腓腹筋・ヒラメ筋)

    ふくらはぎを構成している主な筋肉は、

    腓腹筋(ひふくきん)とヒラメ筋です。

    これは歩く、走る、飛ぶといった動作をするのに大切な筋肉です。

     

    それと共に、

    足先の血

  • 超音波画像観察装置でみる① 足関節捻挫(前距腓靭帯損傷)

    2021年01月23日

    超音波画像観察装置でみる① 足関節捻挫(前距腓靭帯損傷)

    超音波画像観察装置使うことで早期に損傷を見つけ、

    適切な処置や病院への紹介が出来ることが最大のメリットです(*^-^*)

    皆様に広く知っていただくために、部位によってどんなふうに見えるか、

    その後の

  • 12月 試合中のケガ

    2020年12月01日

    12月 試合中のケガ

    ついに師走に入り、気忙しくなってきました。

    今年は考えられないことが次々と起こり、心身共に落ち着かない年でした。

    日常を見つめ直す年でもありました。

    何事もなく、新しい年が迎えられたらいいですね♪

  • 10月 運動会シーズンの怪我(指の捻挫)

    2020年10月01日

    10月 運動会シーズンの怪我(指の捻挫)

    コロナ禍の中で、運動会の様式も変わりましたが、

    何とか中止にならずに開催されます(*^^*)

     

    この時期、生徒たちは一生懸命練習を頑張っていますね!

    しかしケガをしてしまい、

  • 高齢者の疲労骨折

    2020年01月24日

    高齢者の疲労骨折

     通常の骨折は、大きな力が働き起こるものですが、

    疲労骨折は、スポーツなどで特定の骨に繰り返し負荷がかかることにより骨折することです。

    よって10~30代に多い骨折です。

     

  • 子供の骨折

    2019年11月28日

    子供の骨折

    骨折は、事故やスポーツによる強い当たり、体の柔軟性の低下による回避運動の低下、日照時間の低下による骨強度の弱まりなどが一般的に言われていて、これはもちろん子供にもあてはまります。

     

  • 足の裏が大事

    2019年10月15日

    足の裏が大事

    日常生活、良い姿勢を保つ時、スポーツなどをする時に地面に接しているのは基本、足の裏です👣

     

    例えば足首の捻挫をするとしばらくの間は