予定日超過

■施術費

妊娠37週目以降の出産に向けたからだづくり

病院での診察結果を基に、予定日通りに生まれるよう、生活指導と施術を行います。
妊娠期間が長くなると、胎盤の機能低下や羊水の減少、羊水混濁、巨大児などのリスクが高くなります。
母子ともに身体に負担がかかるため、当院では予定日超過を行うことをお勧めしています。

当院が行う予定日超過は、三陰交にお灸を据えることで骨盤内の血流を増加させ、産道、子宮口をやわらかくし、陣痛を誘発・促進。
治療だけでなく陣痛が起こりやすくなるような養生法もお伝えしています。
施術の前にお電話で問診とカウンセリングを行います。予めご了承ください。
また、施術に際しては事前に産科医からお灸の施術許可を取っていただきますよう、よろしくお願いいたします。

▼予定日を超過するとこのようなリスクが高まります
□ 胎盤の機能低下
胎児に酸素や栄養が充分届かなくなり、出産時に低血糖を起こす場合があります。


□ 羊水の減少
羊水が少なくなると、胎児が子宮内でうんちをしてしまうこともあり、出産時にその羊水を飲んでしまうと呼吸に問題が出ることがあります。


□ 巨大児
巨大児(胎児の体重が4,000g以上)の場合、膣や外陰部の裂傷が起こりやすくなります。


一覧ページに戻る